任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

離婚後に後悔する人

あの時なんでこうしたんだろう。そんな後悔の念を抱いていることは、誰にでもあるでしょう。日本では、およそ三組に一組が離婚しております。それだけ多くの人が離婚するわけですから、中にはそのことを後悔する人も出てくるようです。どんな理由で後悔するのでしょうか。

 

<もっと頑張れた、もう少し我慢できたのに>

特に若い時に離婚した人に多いのが、今ならもっと頑張れたのに、もう少し頑張れたという後悔です。若い時は、結婚に夢を見過ぎていて、自分の理想の暮らしと違っていたり、相手のちょっとしたことで不満になり、別れてしまうことが多いのです。そして若い時は自分の感情を第一に考えてしまいます。周りのことが見えなくなったり、離婚をしたあとのことまで考えられない人もいらっしゃるのです。

 

ただ、時間が経つにつれて、なんであの時もっと頑張れなかったんだろう、もっと我慢すればよかったと後悔することがあります。やはり一人になるということは不安でもありますし、離婚した経歴そのものに嫌気が差すことだって考えられます。
また、あらためて冷静に見たらよい結婚相手だったということもあるようです。一緒に居るとその人の悪いところばかり目にいきますが、離れてみるとこんなに理想的な相手はいなかったということがあるのです。一度は好きになった相手なので、多少のことは目をつぶることも必要かもしれません。

 

 

<子供のことを考えると>

離婚した時は、子供はまだ小さく一人でも育てられると思っていた。でも子供が成長するにつれて、やはり両方の親がいた方がよかったと後悔するパターンです。特に小学校に上がる事には、運動会や学芸会など、親が参加したり観にくることがあります。その時に子供にふびんな思いをさせてしまったり、周りの子供に両親がいる場面を見て、後悔するということがあるようです。

 

一時の感情で離婚をしてしまった人は、特に後悔することが多いようです。もっと冷静に周囲を見渡し、冷静になる必要があるということです。自分一人で判断せずに、親や友人に相談し、本当にその離婚が妥当かどうか見極めましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL