任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

離婚後のマンションの売却

マンションを購入してからしばらくして離婚した場合、そのままそのマンションに住んでもよいのですが、あまりに広すぎたりすることもありますよね。賃貸であれば、解約して別のマンションに住むということもできるのですが、購入した場合はそういうわけにもいきません。ですから、場合によってはマンションの売却も考えなければならなくなります。

 

 

 

意外と高いマンションの売却額

一般的には、マンションを購入した金額と比べると売却額はかなり下がってしまうことが考えられます。ですが、マンション等の不動産の場合、購入時と比べてもそれほど金額が下がらない場合もありますし、売却のタイミングが良いと購入時よりも高額で売却できる場合もあるのです。
というのも、不動産の場合、立地条件や周辺の環境によっても大きく左右されるのです。マンション購入後に周辺の開発が進んでいれば、そのマンションの価値は上がっていくのです。ですから築年数がそれなりであっても、思っていたよりかなり高額の査定がついたということも珍しくありません。

 

 

住宅ローンが残っていたら

マンションの購入の場合、多くの方は住宅ローンを組むと思います。ローンの年数も30年等、かなりの長期間ですから、売却したいタイミングでも住宅ローンが残っているという場合が多くなります。
住宅ローンが残っていたとしても売却は可能なので、心配はいりません。但し、住宅ローンが残っている場合は、そのマンションに抵当権が設定されているはずですから、売却、つまり、引き渡しのタイミングに合わせて住宅ローンを完済し、抵当権が外れるようにする必要があります。
というのも、通常は抵当権が残ったままのマンションを購入する人はいません。抵当権が残っている場合、自分の原因ではないのに購入したマンションを手放さなければならなくなってしまうことがあるからなのです。自分が中古マンションを購入することを考えて見てください。抵当権の残っているマンションを購入したいとは思いませんよね。
ですから、住宅ローンの残っているマンションを売却する場合は、現金購入した物件と比べると少し注意が必要になるのです。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL