任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

離婚後の財産分与について

幸せな結婚生活を送っているときは問題ありませんが、夫婦間に亀裂が生じ、離婚を考えるようになったときに問題なのが、財産分与ですよね。生活用品だけならまだしも、夫婦共有名義でマンションや一戸建などを購入していると、いろいろ手続きをしなくてはならないので、とても面倒です。

 

離婚サイン

 

住宅ローンが残っている場合

結婚しているときは、お互いの財産について、それほど気にしないことも多いのではないでしょうか。住宅を購入する場合でも、どちらか一方ではなく、夫婦共有名義にしたり、お互いが連帯保証人になってしまうこともあるかと思います。
しかし、これが離婚となると、どちらが住宅に残って暮らすのか、残りのローンはどうするのか、などといったことで揉めてしまいます。名義が共有になっていると、当然連帯債務が生じてしまいますので、名義をどちらにするかでも揉めることになってしまうでしょう。
スムーズに話し合いが進むようであれば問題ありませんが、こじれてしまうと裁判ざたになってしまうこともあるので、なるべく落ち着いて話し合いで済むようにしたいものです。

 

離婚するなら住宅を売却することも考えましょう

最近では共働きをしている夫婦も多いものですが、中には子育て期間の真っ最中で、なかなか仕事に復帰できないという人もいるのではないでしょうか。離婚後には国からの補助を受けられることも多いものですが、さすがにそれだけでは生活できないという人も多いことでしょう。
災害があった場合などだと、生活再建を受けることができますが、離婚の場合は、なかなかそうもいきません。子どもがいる場合は、今後の生活費のことも踏まえた上で、養育費や慰謝料などの話し合いをしたほうが良いでしょう。
とはいえ、最近では社会情勢が厳しいため、夫の収入もそれほど見込めないケースも少なくありません。どうしても今後の生活のめどがたちにくいと考えるのであれば、住宅ローンを抱えて生活していくより、いっそのこと売却した上で、財産分与をしたほうが、メリットが多いこともあります。
お互いが連帯保証人になっている場合だと、離婚後にどのようなことが相手に起きるか想像できないため、なるべく財産は売却するほうが、お互いのためになるかもしれません。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL