任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

あなたの家庭は大丈夫? 住宅ローン滞納の可能性をチェック!

家族を持ったあとの最大の買い物といえば、念願のマイホーム。しかし住宅ローンを長期にわたって支払う必要があるため、しっかり払えるかどうか、滞納してしまうのではないかと心配になることもあるはず。ここではそんな方のための住宅ローン滞納の可能性をチェックしてみましょう。

 

海辺の家中古マンション

 

■35年先を見据えて収支を判断できるか

住宅ローンはフラット35など、ほとんどの場合で35年のローンを組むことになります。そうなれば当然その間支払いが続くため、それまで仕事を続け収入を安定することができるか、一時的に収入が止まっても貯蓄で補うことができるかといった判断が必要になります。

目先のことを考えるのに精いっぱいで、そんな何十年も先のことは考えられないという人もいるかもしれません。しかし銀行で住宅ローンを組む際、返済能力があるかどうかを判断されますので、事前に自分でこれらを考えておかないとローンすら組むことができないのです。滞納や督促、差押えといった状況にならないためにも、じっくりと数十年後までのシミュレーションを行いましょう。最近はこれら金額をシミュレーションする便利なツールがインターネット上に多数ありますから、ぜひ活用してみてください。

 

■生活が大きく変わる時期に注目

結婚当初は夫婦共働きで収入が十分であっても、子供ができて妻が休職するケースは多くみられます。やがて子供が大きくなり塾などの教育費が増えれば、当初の予想以上の出費となることに。ここまでならまだ想定内だったとしても、子供がもう一人増えたり、急な病気で仕事が続けられなくなったりすれば、生活は大きく変わり収支のバランスも保てなくなるでしょう。

特に事前に予想しづらいことは、急にやってくるものです。そのため万が一に備えて保険に入っておいたり、貯蓄に一定の余裕を持たせたりすることも大事です。万が一を想定して弁護士などの専門家に連絡する方法を知っておくのもいいでしょう。

 

■何となく大丈夫が一番危険!?

最近は、収入が満足にある家庭にもかかわらず、貯蓄が全くなく急な出費に対応できずに住宅ローンを滞納するケースも目立ちます。場合によっては債務整理や自己破産、任意売却に追い込まれることも。一度裕福な暮らしをしているとその生活水準を落とすことができず、節約できずに出費が膨らんでしまう傾向にあります。出費をどんぶり勘定して何となく大丈夫という考え方をしていると、いつの間にか取り返しのつかないことになっている可能性もありますから、定期的に家計の具合をチェックすることを忘れないようにしましょう。

 

住宅ローン破綻の原因その1<無理な返済計画> もご参考に!

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL