任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却とは何? どんな時にする?

任意売却という言葉は、人によっては聞いたことがないということもあるでしょう。しかし今後あなたの人生で関わることが出てくる可能性もあります。ここでは任意売却の簡単な意味をまとめましたので、ぜひ知識として知っておきましょう。

 

郊外マンション住宅ローンの滞納処理

 

■住宅ローンを組むなら知っておくべき「任意売却」

任意売却とは別名任意売買とも言われ、どちらも同じものを指します。通常不動産売却をするときは、住宅ローンを完済する必要がありますが、売却してもローン残高に満たないと完済しきれない場合があります。このときに仲介者が入り話し合いで売却を成立させる方法を任意売却というのです。

順を追って説明しますと、例えば住宅(マンションや一戸建)などの持ち家を手放すことになったとします。しかしローンが残っていれば売却できませんから、買取業者に住宅の売却価格を出してもらい、その分でローンの残高と売却にかかる諸経費をまかなえるかどうかを計算します。

このときローン残高もそれほど多くなく、住宅の資産価値も高いということなら売却価格>ローン残高となり、場合によっては手元に余裕なお金が残ります。しかしローン残高が多く残っていて、資産価値の低い物件ともなれば、売却価格<ローン残高となり、住宅を手放したくても手放せなくなってしまうのです。

 

■任意売却となる状況とは

任意売却になるケースとして最近多いのが離婚や滞納。さらに督促、催告といった言葉が自分のまわりで聞かれるようになってくれば、それだけ厳しい状況だということです。そのままにしておけば、住宅は差押え、競売ということにもなりかねません。自身の経営破たんがそう遠くないと察したら、できるだけ早く任意売却の準備をすすめましょう。

この方法が「任意」と言われるのは、売買するかどうかは契約者本人の考え次第のためです。住宅ローンを支払うあてがあるのであればもちろんいいですし、無かったとしても最終的には半強制的に手放すことになります。

通常は住宅ローンを組んでいる銀行などの金融機関から、任意売却の打診があります。そのままずるずると今の生活を続けていくと負担が大きくなるばかりですから、この段階で重要な決断をすべきなのです。

 

■任意売却に費用はかからない

任意売却には諸費用が発生しますが、通常この費用は込みで交渉が進められますので別途かかることはありません。そのため任意売却したのに諸費用がかさんで、借金問題から抜け出せない、といった状況をふせぐことができます。しかし仲介者や仲介業者によってはその費用を別途請求することもありますので、事前に依頼先の情報をしっかりと確認し、信頼できるところに相談するようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL