任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンが払えなくなるとどうなる?

一般的に住宅の購入は、銀行等から住宅ローンを利用して融資を受けて購入することになります。一括で支払える場合は住宅ローン必要ありませんがごく一部のかただけかもしれません。その住宅ローンを滞納し、返済できなくなってしまうと、最悪の場合、その住宅を手放さなければならなくなってしまいます。もちろん、それだけでなく、残額によっては借金も残ってしまうのです。

 

電卓とお札

 

銀行による督促

返済の延滞であれば、督促状が届き、指定された日に再度引き落としが行われたり、指定された口座に振り込みを行うことで問題はなくなります。ですが、延滞を続けていると、督促ではなく、催告になります。それでも返済がないと、期限の利益喪失となってしまいます。こうなってしまうと、一括で返済しなければならなくなってしまいます。その返済が行われないと住宅が競売にかけられ、その売却金額が返済にあてられます。それでも不足している場合は借金として残ることになります。
住宅ローンは銀行だけでなく、独立行政法事である住宅金融支援機構でも扱っています。住宅金融支援機構は以前は住宅金融公庫と呼ばれていたもので2007年から業務を継承しています。こちらの場合は、銀行よりも猶予期間が長くなっているのが特徴といえます。

 

期限の利益喪失となってしまったら

一般に住宅ローンは保証会社があるので、返済が滞った場合は保証会社から銀行に代位弁済されます。そして、その保証会社に対して、一括で返済をしなければならなくなってしまいます。このままでは、自宅は競売にかけられてしまうことになります。
ですから、その前に手を打たなければなりません。競売になるよりは任意売却のほうが少しでも高額で売却できます。ただし、勝手に売却することはできないので、借り入れをしている銀行に許可を得なければなりません。ですが、銀行としては代位弁済であれば、全額一括ですから、なかなか応じてくれないというのが現状です。そのため、専門家に相談して銀行とかけあってもらうのがいいです。
任意売却の場合でもローンの残債が残ることがあります。その場合、通常はその債権はサービサーと呼ばれる債権回収会社に売却されるのです。以降は、サービサーへの返済となります。ですが、サービサーはその債権を残債と比べると安く買い取っているので、交渉次第ではかなり減額することも可能なのです。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL