任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンが返済不可能となった時の競売手続きとは

住宅ローンが支払えなくなると、住宅を手放すことが必要となります。当然、支払うべきものを支払っていないのですから、手放すことも覚悟しなくてはなりません。その時に銀行が採る方法が競売手続きです。近年は任意売却する人が多いですが、何もせずに放置しておくと競売手続きが進み、家が勝手に売られてしまうこととなります。十分注意しておきたいですね。

住宅計画

 

■競売手続きとは何か

住宅ローンが支払えなくなると、当然銀行などの債権者は困りますよね。貸したものが帰ってこない訳ですから、それを回収するために動くわけです。そうすると、債権者の銀行などは裁判所を通じて、強制的に住宅を売るわけです。当然売却代金から残った住宅ローンを回収するわけです。それが競売手続きというもので、債務者が支払わない場合はこの方法で住宅を手放すこととなります。住宅を手放したくないという方は、債権者と良く話し合っておくことが重要となるでしょう。もちろん、話し合いの時は、弁護士や司法書士の方に相談するのが上策です。

 

■競売手続きされないためには

競売手続きされないためには、任意売却するか、住宅ローンをしっかり払うかの二択しかありません。一度債権者も督促状や催促状を送ってくるはずなので、それすら無視すると競売手続きが始められます。最初は返したかったとしても、支払いの途中で住宅ローンの支払いが難しくなることもあります。病気や怪我、精神的なストレスや失業など、いろいろな面でリスクを抱えています。それは金融機関も同じなので、とにかく住宅ローン債権を回収しようと動くわけです。解決するためには、任意売却かしっかりと支払うことが必要となります。

 

■滞納しすぎると分割払いができなくなる

住宅を一括で購入できる人はほとんどいませんよね。近年は特に不況ということもあり、住宅ローンを組む人が大半です。そういう場合、やむを得ない理由で滞納してしまう事があるはずです。これに関しては、金融機関もある程度予測しています。だからこそ、一回程度の滞納では競売手続きになることはほとんどないと言えるでしょう。問題なのは、そういった滞納を繰り返すことです。数か月に渡り滞納を繰り返していると、やはり金融機関としても債権回収のために動くしかなくなるわけです。十分注意しておきましょう。

 

競売の流れのページもご覧ください。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL