任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンで破綻する人の特徴

夢のマイホームを手に入れたとしても、その後に待っているのが住宅ローンです。多くの人が30年から35年という長い年月をかけて返済し続けることになります。もちろん契約する時は、それなりに安定した収入があり、それを前提でローンを組みます。ただ、人生全てが順風満帆にいくわけではありません。中には住宅ローンによって破綻する方もいらっしゃいます。そして、破綻する人にはある特徴があるというのです。

住宅ローンの負担

<他と比較し生活レベルを維持しようとするケース>

注意する必要があるのは、同じレベルの人と比較をする事です。

同じような年収の人が5,000万円のマンションを購入しました。
同じマンションに住む人がBMWに乗っている。または、ママ友の子供は私立の学校に通わせている。

同じような年収や職業で、贅沢なマンションや高級車、教育など全てを他人と同じようにしていたら家計はいずれ破綻する事でしょう。恐らく、彼らはマンションにはお金をかけるが、節約するところは必ず締めて生活しているはずです。
何にお金をかけて、何を節約するか?一定のものに資金を出したら他は何とか我慢する、という考えを意識して生活することが大事です。

 

<危ないのは高収入の人>

実は住宅ローン破綻の危険性がある人は、高収入であるということが多いのです。特に、世帯収入が1000万円以上の方です。やはり年収が1000万円を超える人は、自分たちを特別だと認識してしまうことがあります。周りも羨望の目で見ることもありますし、不動産業者もこうした人たちには特別扱いするように接します。「あなただけに、この特別価格で」というようなセールストークで乗せられて、少し無理をしてしまう不動産だったり、価格以上の価値のない不動産を購入してしまうのです。また高級住宅を購入すると、周辺にも高級住宅が立ち並んでいることもあります。そうすると、周りの人の生活レベルに合わせてしまい、生活費も圧迫してしまう可能性が高いのです。
それに対して、収入が平均的な人はそうした無理をしません。しっかりと地に足を着けた返済計画を組むのです。また生活レベルも状況に合わせて変えることができるので、破綻する可能性が低いといのです。

 

<住宅ローンは早めに>

住宅ローンを組む場合は、できるだけ早めに組むのが理想的です。もし40歳、45歳と年齢が高くなってから購入をすると、危険が多いのです。例えば40歳で35年ローンを組むとすると、65歳で定年してその後10年間は年金や、それまでの貯蓄からローンを返済しなければなりません。もしその時に、何かしらの出費が合った場合、一気に経済難になってしまいます。もしローンを組むのであれば、30~35歳前後には開始するのが理想的です。

住宅ローンで破綻するのは、高収入である人、そしてローンを組むのが遅かった人に多くみられます。自分の家を購入して不幸になりたくはないはずです。計画は余裕を持って組むようにしましょう。

 

 

 

<関連リンク>

住宅ローン破綻の原因その1<無理な返済計画>
住宅ローン破綻の原因その2<経済状況悪化>
住宅ローン破綻の原因その3<内部的要因>
住宅ローンを滞納した時の対処方法は?

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL