任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの審査が通らない!

理由が分からないのに、住宅ローンの審査が通らなかったという話を時々聞きます。自己破産をしたらローンの審査が通らない、クレジットカードが作れないという話はよく聞きますが、実は住宅ローンの審査は案外簡単に通らなくなってしまいます。

 

ローンの審査ローンのイメージ

 

例えば、車など他の資産のローンの支払いが遅れたことがなかったでしょうか。滞った期間は契約状況や借入先にもよりますが、数ヶ月でも審査が通らなくなる場合があります。また、支払いが遅れた理由が、ただ単に家計状況だけではなく、引越や転勤、転職のバタバタ、身内の不幸であったとしても、そのあたりの事情は加味されません。

さらに顧客情報がJICC、CIC、CRINといった信用情報を登録している機関で共有されている為、滞った金融先でなく、別の金融会社でローンを組もうと思っても審査が通るのが難しくなります。しかも借り入れできない期間は5~10年と、かなり長期間にわたります。

 

例えば、住宅ローンの支払いが難しくなった場合、対策のひとつとして今借りている借入先から別の金融会社への乗り換えが挙げられます。ただタイミングが遅く手遅れだった場合、別の金融会社でローンの組み直しをしようかと思っても、この方法は使えなくなるのです。

 

家計の見直しを行ったり、労働時間を増やしたり、資産を売ってもどうしてもローンが払えなければ最悪のケースですが、その時は持ち家を手放さなければなりません。持ち家を売る方法は任意売却と競売のふたつがあります。任意売却は持ち主の意思で不動産を売ることができますが、競売は貸付人と行政によって強制的に執行されるもの。つまり値段などを含め、売買条件を決める上で、競売に掛けるよりも任意売却を行う方が良いです。加えて、後々の資産運用の面でも有利に働くでしょう。

 

ちなみに、競売が申し立てられる時期は、ローンの支払いが滞ってから、早くて約1年弱ぐらいです。金策にあぐねている間に、案外早く競売の手続きが進行してしまいます。「今は払えているけど、かなり家計状況が苦しい」といった状況の場合は、任意売却の覚悟はしておかないといけないかもしれません。

 

 

携帯料金を滞納すると住宅ローンが組めない?のページもご覧ください。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL