任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

借金地獄でも自殺はしてはいけない

日本は、自殺大国と言われております。先進国で、治安も安定し、経済状況も他国に比べると悪くはありません。にもかかわらず、自殺者が多いとされているのです。
年間で3万人近くいるとされており、ここ数年は少し減少してはおりますが、それでもまだまだ多いです。自殺の原因の一位は、健康問題ではありますが、二位は経済状況や生活問題です。その中でも借金を苦に自殺する人がいるのです。

 

借金の悩み

 

<借金による心理的な恐怖>

借金による自殺の場合、借金そのものというよりも、借金による心理的な恐怖感が押し寄せて、それに耐えきれなくなるケースが多いのです。どれだけ働いても、どれだけ返しても、その終わらない苦しみが続き、徐々に追い込まれていくのです。借金の取り立て、近づく返済日、一向に楽にならない生活、食べたいものも食べられない、そんな状況下で人はまともな神経を保つのは容易ではありません。やがて、人生に絶望を感じるようになり、死にたいと思うことが多くなるのです。
こうした、心理的な恐怖が積み重なって、とある瞬間にトリガーが引かれ、自殺を決行してしまうのです。死んだ人は口が利けません。だから自殺して本当に楽になったかどうかはわかりません。ただ、それは最善の選択ではないことは間違いありません。

 

<遺族に迷惑がかかる>

自殺は、確実に遺族に迷惑をかけてしまいます。悲しいですし、心の中にずっと重荷を背負わせることにもあります。それだけではなく、遺族に対して借金の返済義務が移行することだってあり得るのです。
消費者金融での借金であれば、返済義務はあくまで本人です。死亡した時点で契約はなくなるので、家族に返済義務が移ることはありません。でもそれ以外のローンの場合、遺族や保証人に請求されるケースがあるのです。また自殺の場合、保険金が降りない場合もあります。つまり、丸々借金を遺族に背負わせることになるのです。それであれば、自殺する前に親族に相談する方がずっと良いでしょう。

 

いくら借金で苦しくても、自殺という手段を選んではいけません。お金の問題は、解決できないことはないのです。家族や弁護士に頼れば、必ず何かしらの手段があります。まずは思いとどまることが大切です。

 

<参照ページ>

自己破産したら家族に迷惑がかかるのか?

借金を残したまま亡くなったらどうなるのか?

お客様にお伝えしたい事

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL