任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

離婚後の養育費負担が大きく住宅ローンを払えない場合

離婚する日本人夫婦は、実に3割にも上っています。それらの数字を見ていると、どの夫婦も幸せということではないと言えますね。近年離婚する夫婦が多くなる中、住宅ローンを支払いながら、離婚して養育費も払っているという人もいます。そうなると生活がキツキツになってしまって、住宅ローンを滞納してしまうことにもつながります。正直離婚して良いことはないです。

すれ違い

 

■住宅ローンと養育費の二重苦が負担になる

ある男性は、結婚して子供ができたことをきっかけに住宅を購入。しかし、その数年後妻との離婚が成立。住宅は自分が名義人で住宅ローンも借りている状況です。子供は母親の方が良いということもあり、妻が引き取ることになり、その男性は住宅ローンと養育費が二重に負担になってしまったワケです。一度このようになると、生活再建を目指すのは難しくなります。なぜなら支払いが多すぎて、自分の生活を立て直すほどの気力が持てなくなるためです。

 

■養育費は法的に支払わないといけない

住宅ローンなどは、もちろん支払い義務が生じているものの、法的拘束力は低いです。もちろん滞納すると金融事故として裁判所に処理されてしまうことになるので、支払いはしなくてはなりませんけどね。その一方、離婚した教育費に関しては、非常に大きな金額を数年に渡って支払わなければなりません。当然、離婚した方は、子供を持つ別れた妻相手に養育費を払わなくてはならない訳です。養育費は法的に支払う必要があるもののため、払わない選択肢はありません。当然住宅ローンとの壁に挟まれることになります。

 

■どうしても無理な場合は任意売却という手

住宅ローンと養育費を一度に支払っていくのは、とても大変なことです。住宅ローンの滞納が多くなると、当然分割支払いの権利を失うこととなるので、一括で支払うことが必要となります。そうなるとさらに苦しくなる三重苦ですよね。そうなる前に、すでに支払いができないという状況なら任意売却してしまうのも手です。残りの住宅ローンと同額の金額で売れれば、当然支払いしなくても良くなります。養育費だけに専念することができるので、ある程度生活を持ち直すこともできるでしょう。まずは任意売却の専門業者に相談してみましょう。

 

離婚に伴う任意売却のページもご参照下さい。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL