任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

自己破産するなら任意売却の後がおすすめ

事情があって自己破産する人の中には、同時に任意売却を考えている方もいるでしょう。当然自宅を売却して、自己破産もするとなると並大抵の状況ではありません。実際「自己破産をするのなら、任意売却の前が良いの?後が良いの?」と迷っている方も多いです。これに関しては、先に結論を言うと後の方が良いと言えます。その理由について解説していくので、間違っても任意売却前に自己破産しないように注意してください。

 

通帳

 

■自宅を資産として扱われてしまう

まず、知っておきたいのは、自己破産の時に自分の財産を確認されるということです。当然自宅を持っている場合は、それが当人の資産として考えられてしまうわけです。自宅が資産だと判断されてしまと、管財手続きが必要となります。管財手続きは、少なく見積もったとしても50万円以上は必要となります。多額の予納金を考えると、どうしても自己破産は任意売却をした後の方が良いと考えられませんか?

 

■強制競売になってしまう場合に注意

そもそも任意売却する前に自己破産すると、慌てて「やっぱり任意売却してからにする」と言っても受け付けてもらえないことがほとんどです。当然自己破産するということが分かっているのなら、金融会社も負債を回収しようと強制的に競売にかけてきます。自宅を任意売却できるのにも関わらず、強制競売にさせられるのです。競売の場合は、転売目的で購入されることが多いので、どうしても格安になってしまいがちです。そうなると、借金も元なんて取れませんよね。十分注意してくださいね。

 

■自己破産で借金が帳消しになると思わないこと

自己破産する方の多くは、「どうせ借金がチャラになるんだから、別に前でも後でも良いんじゃない?」という方がいます。しかし、自己破産の前に任意売却によって自宅を処分することによって、当然自己破産する際の費用をぐっと抑えられるわけです。これを考えられていない方が多いです。基本的に自己破産する当人に資産があるかどうかが判断基準となるので、方法もそれによって異なります。試算がない場合の同時廃止になるのか、それとも資産がある場合の管財手続きになるのかの違いとなるので、方法すら異なってくるのです。自己破産するのなら、任意売却の後にしましょう。

 

自己破産を任意売却後に行う理由は自己破産をお考えの方のページまで!

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL